虹色の翼にのって

身体の声に耳をすませば、不思議な人生の水先案内人
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

罪悪感と後悔と

先日セッションを受けて下さった方から感想をいただきました。
ご本人のご了承をいただきましたのでご紹介いたします♫ (どうもありがとうございました)

土曜日のセッション、そしてレポートをお送り下さいまして
ありがとうございました。

ちょっと不思議で素敵な体験をさせて頂きました。
心の奥に潜めていた重い想いが、軽くなったような気がします。
セッション後、帰宅してから1時間ほど休みましたが、
とても深い眠りで、もっと長い時間眠っていたような気がしました

記憶は自分の都合の良いように作り変えることができ、いつかそれが真実になります。
でも、身体のエネルギーの記憶は作り変えることが出来ない、誤魔化しの効かないものだと知り、今を後悔のないように生きることが如何に大切か痛感致しました。
アカシック・レコードのようなものですね。

自分を責めずに受け入れ、赦すということろまで導いて下さったさくらさんに
深く感謝しております。ありがとうございました。


このセッションはとても穏やかで慈愛に満ちたセッションでした。

テーマは「不眠」ではじまり、身体の調整が主で、一見サクサクと問題が見つかり進んでいったかのように見えたのですが、根本要因でこの方の身体は、身体の問題だけでなく、何か他も見るように、と訴えてきました。

そこでスキャンリストなどから感情を拾っていったのですが、なかなか”これだ”という確信になるものが見つかりませんでした。

でも何かとても深いエネルギーが感じられるので、それが何なのかを調べていったのですが、会話の中で数年前にお母さまの介護をされていたことがわかりました。そこでそれに関することかと身体に聞くと”Yes"と反応がありました。

そしていろいろと身体に質問していくと、”罪悪感”や”後悔の念”に行き当たりました。

この方は、数年間、お母さまの介護で日本とニューヨークを行ったり来たりされていたそうで、その間はお母さまと一緒にいられることや、日本に長くいることでご友人たちとの交友も深められ、そういう時間を持てたことに感謝をされていたのですが、お母さまがあちらの世界に召されてから、

”もう少し~してあげればよかった”
”もっと~すればよかった”
”本当はどういうふうに思っていたんだろう”

というような後悔や罪悪感の気持ちがわいてきたのだそうです。

後悔は、すでに起きてしまったことについて、自分を責めてしまう行為です。

私も父を亡くしているのですが、特に亡くなってしまった人に対する後悔の感情は厄介で、普通の後悔(ってヘン?)と違い、後悔から意識を今に持ってきて、今後の可能性に変化させようとしても、対象となる相手がいないので、なかなか抜けることが難しいのです。

この後悔のエネルギーは重く、心にとっては結構な負担となったりします。

今回身体は、その後悔の念や罪悪感といった感情の解放を行うように求めてきました。

でも湧き上がってきた思いって、自分ではわかっていたとしてもどうすることもできないんですよね。

しかもそれを見ると心が痛くなるので、なるべく見ないように胸の奥にしまっちゃったりしがちです。

これを自分でなんとかしようと思っても、とても難しく時間がかかるものなのですが、キネシオロジーのありがたいことは、筋反射で心の負担となっている感情をつきとめたら、あとはセッションで(横になっている間に)手放すことができること。

今回感想をいただいた中で、

身体のエネルギーの記憶は作り変えることが出来ない、誤魔化しの効かないものだと知り、今を後悔のないように生きることが如何に大切か痛感致しました。

と書かれていますが、まさにその通りで、身体のエネルギーは、その人に起こったことを全て記憶しています。(いまだにそのすごさに驚かされるのだけど)

で、とても嬉しかったのが、後悔や罪悪感というものが、過去を見ているとしたら、

今を後悔のないように生きることが如何に大切か痛感致しました。”

と、書かれていることです。

ということは、その感情から抜け、意識が今になり、今後の可能性に向けて意識が変化されたってこと。

また、心と身体は繋がっていて、重たい感情のエネルギーを抱えていると、心の元気だけでなく、免疫力が下がったりして、体調不良に繋がることが多いのですが、その根源を見ていくと「自己愛の欠如」や「そのままの自分を受け入れていない」という問題を抱えていることが多々みられます。

そして意識的でも無意識的でも、「自分を許していない人」は、自分を許していないので、身体もそれにこたえて不調を起こします。

でもいただいた感想で、

自分を責めずに受け入れ、赦すということろまで導いて下さったさくらさんに
深く感謝しております。

と書かれていたのを読んで、ああ、もう大丈夫と、とても嬉しく思ったのでした♪

今回のセッションは、お母さまに対する深い想いの上に湧きあがった感情だったので、私が感じたエネルギーは重いものではありましたが、おどろおどろしいものではなく、なんか深~い愛が感じられて、なんかそのエネルギーの純粋さというか優しい気持ちにウルウルとしてしまいました。

このように、身体の不調であっても、その多くは心や感情が絡んでいることが多く、そこを見つけるように、と身体が導いてゆきます。身体の不調だけ調整しても、根本問題が解決されないと、また同じことが起こったり、別の問題が上がってきたりするからです。ホント、私たちの身体って、びっくりするくらい精密で、私たちを守り、導いてくれているんだなぁ、と感じます。

IMG_2406.jpg 

さて、またあさってからニューヨークを離れます。

もしかしたら、ツィートでつぶやいているかもしれませんので、よろしかったらブログの右横にリンクしているツィートをのぞいてみてください。

それから7月のセッションスケジュールをアップいたしました。(スケジュールはこちらです)
キネシオロジ―にご興味のあるかたは是非ご連絡ください♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ


スポンサーサイト

ふわっ、とろっ、のオムライス

先日行ったレストランは、やっぱり備忘録のため残しておきたいので、ブログに書き留めておきます。

場所はウエストヴィレッジ。

「Bar Moga」というレストランです。Moga=モダン・ガールという意味だそう。
IMG_2369.jpg 

店内に入ると、私たち以外は全て日本人以外の方々。でもここで出しているメニューはなんと「洋食」です。
IMG_2372.jpg

ニューヨークにはある程度の日本食はそろっているのですが、メニューで「洋食」を含めているレストランはあっても、いわゆる「洋食」専門店、というのはなかったと思います。なのでちょっとワクワクです。

まずはなんで喉をうるおそうかな~、と思ったら、れれれっ。こんなのを頼んじゃいました。
シュワシュワのボトルです。きゃ~ん。たのしい~っ。
IMG_2377.jpg

シュワシュワといっしょにまずいただいたのはコレ。
カニ・クリームコロッケ。自家製ソース付きでございます。
IMG_2375.jpg

外はカリッ。中はとろっとクリーミー。シュワシュワがすすみます。

次はシーフードグラタン。
IMG_2378.jpg

濃厚系です。わ~ん。日本のカフェにいるみたい。

そして次に出てきたのがお待ちかねのコレです。オムライス♡

むか~し、昔、伊丹十三さんの映画「タンポポ」を見て、ものすご~く強烈に鮮明に覚えているのが、あの”オムライス”のシーン。

どんなのだったかって? こちらを見てください。


ここではあの「タンポポ」のオムライスがいただけるのだそう。

ということで、期待は高まります。ドキドキ…

じゃ~ん。やってきました。オムライス。美しい楕円形のタマゴがチキンライスの上に乗っかっています。
IMG_2381.jpg 

これでも十分に美しいのですが、タマゴにナイフで切込みを入れます。
IMG_2382.jpg 

するとじゅわ~っ、とトロトロのタマゴがお皿に広がります。
IMG_2384.jpg 

すかさずその上にドミグラスソースをかけます。
IMG_2385.jpg 

もうね。周りのテーブルの人たちも、みな注目してました。

で、隣のテーブルの人は、これを追加で注文していました(笑)そりゃそうだよね。こんなの見たら、食べたくなります。

ここはとても楽しかった~。他にもハンバーグやらエビフライ、カレードリアなど、懐かしいメニューがあるので、是非他のメニューも試してみたい。

ってことで、ここはまた伺いま~す。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ



またまた巨大な虹が出現♡

今日は夕方からかなり激しい雨が降りました。

で、今日はAL君が遅く帰ってきたので、夕飯につきあおうとテーブルについて、ふと外を見たら、なんかマンハッタンに夕日が射し出しました。


この時間、雨上がりで陽が射したら、もしかして… と思い、窓際にダッシュしたところ、だんだんと浮かび上がってきました。

そう。虹が。
IMG_2393.jpg 

それはそれは力強く、大きく、くっきり、はっきりした虹でした~。
IMG_2393.jpg 

ついさっき撮ったばかりの虹のエネルギーを皆さんにお届けしま~す。

<おまけ>
先日、セントラルパークで行われた野外コンサートで打ちあがった花火の写真もお届けしま~す。
IMG_1107.jpg 


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

大阪の”粉もん”に悶える

今回の日本滞在で心を奪われたのは大阪の”粉もん

お好み焼き屋さんにて。こちらはオーソドックスなブタ玉。
IMG_2068.jpg 

でもね、今はフュージョンのいろんなオシャレなお好み焼きがいっぱいあるんですね~。

これはシーフードとアスパラ、チーズに明太子が入ったソースがからまったお好み焼き。
IMG_2067.jpg

最初メニューで見たときは、え~っ、邪道~。オーソドックスなのがいい~、なんて思ったんですが、説明を見ると面白そうなので食べてみたら濃厚でおいしかった~。
他にもトマト系のお好み焼きだの、いろんな面白そうなものがありました。

もちろん”タコ焼き”屋さんもい~っぱい。
IMG_2116.jpg 

タコ焼きも、今はいろんなバリエーションがあるんですね~。
どこでも気軽にタコ焼きが食べられるなんてうらやましい~。しかも安いし。

そうそう。伊丹空港のゲートにもたこ焼き屋さんがありました。さすが大阪!(しかも並んでる~)
IMG_2216.jpg 

今回はじめて”明石焼き”もいただく機会にめぐまれました~。
IMG_2030.jpg

明石焼きにはタマゴが使われていて、中身がフワフワなんですね。それをだし汁に付けていただきます。
IMG_2033.jpg

う~む。これはこれで旨いっ。

お好み焼き屋さんも、たこ焼き屋さんも、明石焼き屋さんも、基本はどこも目の前で焼いてくれます。ニューヨークではお客さんからキッチンが見える、オープンキッチンが増えましたが、これって究極のオープンキッチンやんけ~。
 IMG_2037.jpg 

新大阪駅に数店舗見かけて、とても気になってお買い上げしてしまった551 Horaiの豚まん。
いつ通っても人がいっぱいでした。

じゃ~ん。これが551 Horaiの豚まんです。
IMG_2212.jpg 

肉汁がじゅわ~っ、と甘い系。
IMG_2213.jpg

でもですね、写真はないのですが、ここのチマキがおいしかったです 確か豚まん一個で170円。チマキが380円。この値段でこんなおいしいものが買えるの~?

いやぁ、今回つくづくNYの飲食の物価って高いんだなぁ、と思いました。

NYではしがないサンドイッチですら$10位しますから。それが豚まん一個170円って。

それにしても、大阪で「グルテンフリー」なんて無理ですね。

グルテンフリー?なんやねん?アホちゃうか~?って、ケリを入れられそう(笑)

大阪の「粉もん」、最強です。

他に感動したのはこれ。「水なす」
IMG_2163.jpg 

水分をたっぷりと含んでいて、シャキシャキしていておいしい~。
持って帰りたいくらいだった~。

大阪は「食い倒れの街」「天下の台所」とはよく言ったものです。
 
今度はご飯を食べに大阪に行きたい~っ。
でも少なくとも3~4泊しないと、食べきれないっ。(それでも短いかも~)

ということで、大阪”粉もん”文化に心を奪われたSakuraでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ







京都の庭園で日本の美に惚れ直す

仕事の一環ではあったのですが、今回、京都に行く機会がありました。

京都は約10年ぶり。

竹林。
IMG_0880.jpg

涼やかで、真っ直ぐで、風情のある風景。
IMG_0885.jpg

龍安寺の池
IMG_0894.jpg

石庭。
IMG_0903.jpg

寺院の中。
IMG_0910.jpg

こういうなにもない、そぎ落とした、ムダのない究極の美、っていうんですか。
すごいと思います。
日本人の持つ、美意識。

スティーブ・ジョブズは京都が好きで、よく訪れていた、といいますが、この美しさをみて、アップル製品を思い出しました。パッケージといい、製品そのものといい、あらゆるものをそぎ落とした、シンプルなデザイン。彼は、日本のこういうものを見て、インスパイアされたんだろうなぁ。

できることなら、この石庭の前に座って、半日ぐらい過ごしたかった~。

いやぁ、本当に日本ってすごいです。

そして庭園も美しい。
IMG_0912.jpg

私はこの苔に惹かれました。 持って帰りたい~
IMG_0914.jpg

こういうのも本当に日本的。
IMG_0918.jpg

日本の文化、すばらしいです♪

もみじの木はどこへいってもたくさんありました。紅葉の時期はきれいなんだろうな~。
IMG_0924.jpg

金閣寺。
IMG_0953.jpg 

金閣寺の上に飾られているフェニックス(鳳凰)。 
IMG_0962.jpg

それにしても驚いたのは、人の多いこと。
もう、すごい人、人、人。

えっ、ここ、ディズニーランド?って感じでした。
IMG_0984.jpg

今は清水寺の辺りも相当すごいらしいです。

京都は駆け足だったので、今度は自分でゆっくりと回りたいなぁ。
京都は広いので、自分で行くなら2~3日は最低必要だと感じました。(もちろんそれでも見たりないでしょうけど)

しかも人がどこへ行っても多いので、それを覚悟で行くか、あまり人が行かないところを狙っていくか、もしくは極寒の2月に行くか、の選択が必要なようです。

京都もじっくり回ったら、きっといろいろな発見があって面白いんだろうなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ